STATEMENT


異質同体のキマイラから見る世界


私の作品のコンセプトは、子供の頃から続く「孤独」「常識」「疑問」などの不安から生まれることが多い。自分がこの世界にいること、生まれて死ぬこと、仕事をしなければならないこと、挨拶をすること、他者という存在 など。

これらのことは私にとって生きる上で必要以上に負荷がかかり、水と油のように様々なことが分離するようにもなった。「はい」「好き」「生きる」などの感情が浮かぶ時、「いいえ」「嫌い」「死」も同じくらいの感情で同時に存在している。

画家とイラストレーターの自分、アナログとデジタルの描写、デフォルメとリアルタッチ、子供と大人の感覚、大胆と繊細の性質、自然と人工の要素。これらのことが私に内包している。

混ざり合わない2つの要素は、中国の思想の陰陽でもある。陰陽を表す太極図は、私の目指す所、理想でもあった。対極の二つが一つの力を築いているからだ。

作品を作ることは分離した感覚を、創作という界面活性剤で一つの形にした工程でもある。目の前の疑問に対し強迫観念的な緊張から出てきたものだ。

私の創作の原点として「キマイラ」がある。
ギリシア神話に登場する怪物で頭がライオン、体が羊、尾が蛇の合成獣を、作品の中で様々な形に変化させる。キャラクターであったり人間であったりもする。タッチもその時で変化し、キャンバスやデジタルの作品をシリーズ化して作る。私にとってのキマイラは、個人的な経験と、現代社会の中にある違和感と飢餓感を照らし合わせた姿でもある。また、自分自身の投影でもある。

作品が目的やビジュアルのみではない表現として、社会と現実との接点を試みている。

 

鈴木匠子


The world seen from chimera

 

 

The concept of my work is often born of anxiety such as "loneliness", "common sense", "doubt". It has been on since childhood. Life and death, work, greetings, human existence etc.

 

 

These things put a big burden on me more than necessary. And various emotions separated like water and oil. There are "no", "dislike", "death" when feelings such as "yes" and "likes" come to mind.

 

 

Painter and illustrator, analog and digital depiction, deformation and real touch, children and adult feeling, bold and delicate nature, natural and artificial elements. These things are myself.

 

The two elements of the counter electrode are the yin and yang of Chinese thought. The symbols of yin and yang were also my ideals. Because the two opposite elements constitute one force.

 

Creation is a surfactant that makes various emotions into one form, it is also a process. It comes from the obsession of doubt.

 

 

"Chimera" is the origin of my creation. It is a monster that appears in Greek mythology. The head is a lion, the body is a sheep, the tail is a serpent, a synthetic beast, and it appears in various forms in the work. It becomes personality and human being. Touch changes according to the work Canvas and digital works series has been completed. For me, "chimera" is a personal experience, discomfort and hunger in modern society. It is also my own shadow.

 

As a work whose work is not limited to purpose and image, we try to interact with society and reality.

 

Shoko Suzuki